関西の温泉なら有馬温泉

関西の人がちょっと温泉に行きたいと思った時に行くのが、有馬温泉です。ここでしたら、大阪から車で30分というアクセスの良さですから、かなり手軽に温泉巡りを楽しむことが出来るはずです。
日本三古泉、日本三名泉の一つに数えられる由緒ある名湯ですから、関西からだけではなくても、この温泉に来る人は多いのです。秀吉も愛したという赤褐色色の金泉や、無色の銀泉が有名です。この2種類の泉質を楽しむことが出来るというのも有馬温泉の特徴です。

有馬温泉には、高級なお宿もたくさんありますので、リッチな気分を味わいたいという人でしたら、そういうお宿に泊まると良いですね。もしもあまり高いお宿に泊まるのはもったいないと思う人でしたら、少しお安い宿場もあります。
どこにこだわりを持つかによって、泊まる場所も色々と変わってくるかもしれません。有馬三山というものがあります。湯槽谷山の山の名前は、有馬温泉の湯槽を作るための用材を取った山ということに由来をしています。灰形山については、六甲有馬ロープウェーの有馬温泉駅のすぐ西に位置しています。
もう一つの落葉山は、温泉街の北にあります。このようにして山に囲まれた温泉であることが分かります。そのため自然を感じることも出来るのです。車で行く時も山を登っていくという感覚がありますので、それが楽しいという人も多いようです。

普段の日常と違う時間を有名な温泉に行くことにより、過ごすことが出来ますので、関西の人が多く訪れて神戸牛を堪能しているようです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です